高さ4.6cm 胴径6.7cm
共箱

  • 高さ4.6cm 胴径6.7cm
  • 共箱

浜田庄司?河井寛次郎に師事し、民芸運動にも関わった伊勢神楽窯 奥田康博の作品です。

奥田 康博 - 神楽の窯
1920年(大正9年)   4月1日滋賀県甲賀郡信楽町に生まれる
1942年(昭和17年) 人間国宝 濱田庄司師に師事
1943年(昭和18年) 河井寛次郎師に師事
1949年(昭和24年) 丹波立杭の窯場へ入り再興に努力する
1953年(昭和28年) 丸八製陶所清水貞義氏と共同出資により雑器類新作に努力する
1956年(昭和31年) バーナード?リーチ先生来窯
1959年(昭和34年) 伊勢市浦田町薬種山に窯を築く
1969年(昭和44年) オカダヤ伊勢店にて個展を開く
1971年(昭和46年) 朝熊(あさま)山麓に窯を築く
第1回日陶展に、「八寸洋皿」入選
1972年(昭和47年) 三重県芸術文化協会会員となる
創造美術陶芸部会員運営委員となる
鳥取市にて個展開催
金沢市大和百貨店にて個展開催
1973年(昭和48年) 米子市にて個展開催
創造美術陶芸部会員努力賞受賞
伊勢商工会議所にて第2回個展を開く
1974年(昭和49年) 大阪阪急百貨店美術部にて毎年個展を開く(~1982年まで)
1980年(昭和55年) 陶器の原点ともいわれている黒陶焼に没入する
1981年(昭和56年) 伊勢商工会議所にて20周年記念展を開く
1985年(昭和60年) 三重県美術展審査員
1986年(昭和61年) 三重県立美術館にて三重の美術現代(工芸)に推挙され出品する
1989年(平成元年) 古希を記念して70碗展を伊勢商工会議所にて開く
「神楽の窯年輪」を出版する
1995年(平成7年) 今田町(現:篠山市)町史の戦後の丹波立坑焼発展の項に記載される
1997年(平成9年) 喜寿師弟展を開く
1999年(平成11年) 2月18日逝去

【在庫有】 ☆神楽窯 奥田康博作◆【焼〆酒器】◆共箱 B079C5SSNL -陶土

【在庫有】 ☆神楽窯 奥田康博作◆【焼〆酒器】◆共箱 B079C5SSNL  -陶土

【在庫有】 ☆神楽窯 奥田康博作◆【焼〆酒器】◆共箱 B079C5SSNL  -陶土。

【在庫有】 ☆神楽窯 奥田康博作◆【焼〆酒器】◆共箱 B079C5SSNL  -陶土

【在庫有】 ☆神楽窯 奥田康博作◆【焼〆酒器】◆共箱 B079C5SSNL  -陶土。

【在庫有】 ☆神楽窯 奥田康博作◆【焼〆酒器】◆共箱 B079C5SSNL -陶土

【在庫有】 ☆神楽窯 奥田康博作◆【焼〆酒器】◆共箱 B079C5SSNL  -陶土

一覧を見る

【在庫有】 ☆神楽窯 奥田康博作◆【焼〆酒器】◆共箱 B079C5SSNL -陶土

関連会社・提携会社損保ジャパン日本興亜グループ会社一覧
(損保ジャパン日本興亜ホールディングス株式会社のページに移動します)

【在庫有】 ☆神楽窯 奥田康博作◆【焼〆酒器】◆共箱 B079C5SSNL -陶土

ご契約者の方

ご契約者の方へ(各種お手続き)

ご継続のお手続き(自動車保険)・契約内容の確認変更はこちらから

ページトップへ